コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

年金問題?

今日は、ちょっとまじめに年金について。


今年から35歳と45歳だったかな?の誕生月の前月末に「ねんきん定期便」なるものが送られてくるようになりました。簡単に言えば年金履歴です。いつからいつまで、どんな年金に加入していたか、と合計の加入期間です。それだけです。将来、どのくらい年金がもらえるのか等は全然記入されていません。


私にも35歳の誕生日前に送られてきました。見ると、あれ?抜けている!共済組合に加入していた期間が。しかし全部読むと、小さく注意書きがあり、その中に「平成8年以前に退職した共済組合等の加入月数は、情報提供されていない場合があります。」とありました。同封されていた用紙にも「平成8年12月以前に退職された記録は記載していない場合があります。」と。私が共済組合に入っていたところを退職したのは平成8年の3月なので、だから抜けているのか、と思いましたが、年金履歴が抜けているのは気分良くありません!


備考欄にも「年金加入期間に空き期間があります。」と記入されているので、この履歴の空きを埋めたい!と社会保険事務所に行ったのですが、「平成8年以前は共済から情報がきていないので」と同じことを言われ、「自分で共済に確認してください」と言われました!


共済に電話すると、その期間、私が共済組合に加入していたことはすぐに確認がとれました。が、それからです。


私:「この年金履歴の抜けたところはうまらないんですか?」


共済:「平成8年以前の共済加入期間の記録は社会保険事務所に記録管理義務がないので」


私:「じゃあ、ずっと抜けたままなんですか?」


共済:「年金をもらうときに共済に連絡して、その期間、共済組合に加入していた証明書を取り寄せて社会保険事務所に提出すれば、その期間年金を払っていた証明になるので大丈夫ですよ」


なんだとぅ、私の共済組合加入期間は今後も年金履歴に記載されることはないようだ。しかし、それならそれで「記載していない場合があります」ではなく、「記載されません」だろう!


どっちにしても、納得できな~い!記録管理義務がないって何よ~!これだと、年金をもらうときに自分が共済に加入していたことを忘れていたり、共済に連絡することを知らなかったりしたら、年金加入期間が少なくなって、年金額も減るってことじゃない!


ちなみに、平成8年がよくでてきますが、これは基礎年金番号が導入されたのがこの頃のようです。平成8年以前に共済組合に加入して退職したみなさ~ん、あなたには基礎年金番号以外に共済組合の番号もありますよ!年金をもらうときに必要なので共済組合の番号などが記入された記録票が手元にない人は加入していた共済に連絡して取り寄せといたほうがよいと思います。これからも、社会保険庁みたいに何が起こるかわかりませんからね!今、確認できる物は確認して自分でも持てる記録は持っておいたほうがよいと思います。


興奮して、かなり長くなっちゃったわ

関連記事
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

No title

初めまして。そうてんと申します。 共済組合に電話してみて正解でしたね。 しかし、共済組合の記録が社会保険庁にないってのは初めて聞きました。日本の年金制度ってほんとにわかりにくいですね。 それでは。

No title

そうてんさん、コメントありがとうございます。 私も初めて知りました。でも、基礎年金番号が導入されてからも共済組合に加入している人達は大丈夫みたいですよ。 問題は平成8年以前に共済組合に加入、脱退した人達ですね。 しかし、基礎年金番号が導入されても、「年金番号が統一されてないじゃないの~!」と思いましたね。
プロフィール

せんすい

Author:せんすい
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。