コンテントヘッダー

手術

1月に手術をしました。前日入院、ドキドキ。ドキドキ?あまり緊張した覚えはないような・・・


手術は全身麻酔だから眠っている間に終わってしまうから。部分麻酔の手術のほうが怖いような気がするのはわたしだけ?


しかし自分で気付かずに緊張はしていたようで。夜、なかなか眠れず眠り薬をもらい朝までぐっすり!手術前は絶飲絶食なので朝、同室の人達の朝食のにおいが~クゥー、キュルキュル。時間になったら弾性ストッキングをはき、麻酔前投薬を飲み手術室へGO!


手術は左乳房切除、腋窩リンパ節郭清、乳房再建


大きさ的に温存は無理なので乳房切除はしかたない。


転移の可能性大なのでリンパ節郭清。しかし胸骨のがんは遠隔転移なのだろうか?主治医に確認するがはっきりしないと言われてしまう。それには理由がある。普通、骨転移は遠隔転移になるのだが、私の場合、乳がんが乳房内側、つまり胸骨の横にあったので、胸骨のがんが遠隔転移してたまたまそこにできたのか、単に乳がんが大きく広がって胸骨にまでいってしまったのかわからないからだそうです。今後の様子をみていくしかないようだ。


乳房再建を希望したら二期再建をすすめられ、手術時には形成外科の医師に生食バッグ挿入される。1~2年後にシリコンに入れ替える予定。しかしアメリカでジェルのインプラント(人工乳房)が検討されていると退院後の外来のときに形成の先生が言っていた。日本でも検討されるかも、と。シリコンとジェル、どう違い、それぞれにどのような長所、短所があるのだろう?


案の定、手術室で麻酔をマスクで吸い込み、あっという間に眠りに落ちた。気がついたら病室。酸素マスク、点滴、ドレーン、バルンチューブ、空気式圧迫ポンプにつながれている。動けない。しかし何よりも体が動かせなかったのは左胸の圧迫感、というか重い!


※ドレーン:排液を出すためのチューブ。バルンチューブ:尿を出すためのチューブ。空気式圧迫ポンプ:血栓症(エコノミークラス症候群と同じ)を予防するための足につけるマッサージ器。

関連記事
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

せんすい

Author:せんすい
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR