コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

化学療法3

白血球減少について 


白血球減少という言葉だけではわかりにくいですよね。白血球が減少すると体にどのような症状があらわれるか?実際には白血球だけではなく赤血球なども減ります。


化学療法の副作用としては骨髄抑制といいます。この骨髄抑制の中に白血球減少、赤血球減少、血小板減少があります。


白血球減少 抵抗力が下がって感染しやすくなる


赤血球減少 貧血


血小板減少 血が止まりにくくなる


簡単にいうとこんな感じです。感染には気をつけて生活していましたね。手洗い(石鹸を使って)、うがい、マスク。外から帰ってきたら手洗いとうがい。食事を作る前に手洗い。外に出るときはマスク。手がかさかさになりました。ハンドクリーム必須貧血はあまり実感なかったけど、立ちくらみはありました。内出血しやすかったです。つい、手首に重い荷物を下げてしまい、何日もあとが消えなかったこともありました


1回だけ感染したかな?というときがありました。突然39度の熱がでたのです 朝、体が痛くて目が覚めました。心当たりはありました前日、マスクをせずに電車に乗ったり人ごみの中に出ていたからです。化学療法が始まってから何ヶ月か経った頃で、それまで何ともなかったのでつい、大丈夫かな?という軽い気持ちで外出してしまったんです病院に行って薬を出してもらって、徐々に熱は下がりました。反省、反省


しかし、時期を選んで気をつければ旅行も行けます。白血球は化学療法をしている間、ずっと低いままではないのです。抗がん剤の点滴をして7~10日目が一番低くなります。なので、白血球が増える期間に旅行に行くといいと思います。わたしは海外旅行に行ってきました。フランス8日間のツアーでした疲れはしましたけど、旅行中も旅行後も元気でした。体調を崩すこともなかったです。

関連記事
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

せんすい

Author:せんすい
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。