コンテントヘッダー

「異国の花守」シリーズ

異国の花守 (PFコミックス)

異国の花守 (PFコミックス)



  • 作者: 波津 彬子
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 1997/12
  • メディア: コミック



花の声―異国の花守

花の声―異国の花守




  • 作者: 波津 彬子
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 1999/03
  • メディア: コミック

 


お気に入りのマンガのひとつです。


金沢を舞台にした和風感ただようお話です。日本人女性と日本好きの英国人男性のラブストーリーです。あれ?主人公は女性のはずなのにコミックの表紙は2冊とも男性だ!


読むとホンワカするようなお話です。


金沢が舞台なので知ってる場所や建物がでてくるし、金沢弁も書かれています。そういうのを見るとうれしくなっちゃう確か作者が金沢在住の人だったと思う。


この漫画家さん好きなのよ。少し昔の日本やヨーロッパが舞台のものが多いのでこの話みたいに現代物はめずらしいかも。時代物も好き



スポンサーサイト
コンテントヘッダー

「ヘアスプレー」

映画を見てきました。


楽しいミュージカル映画です。歌と踊りがいっぱい。60年代のアメリカが舞台。ダンスの大好きなビッグな女の子が人気テレビ番組に出演するためにオーデションに参加。見事合格して人気者にミスヘアスプレーコンテストにも出場しちゃいます。


なぜヘアスプレーなのかというと、映画の中のその人気テレビ番組のスポンサーがヘアスプレーの会社だから


主人公のトレーシーもかわいかったけど、トレーシーの母親役のジョン・トラボルタが味があります(女装)。


人種差別の問題もでてきますが全体的にハッピーになれる映画です。人間顔じゃないっていうお話でもあるのかしら?トレーシーのお父さんはビックなお母さんが好きだし、トレーシーにもハンサムなカレシができます。


あの頃の女の子の服かわいい。なんていう名前なのかな?フレアースカートが踊るとフワッて広がる様子が好き~

コンテントヘッダー

料理本

もらった「栗おこわ」とエビチリ鍋で夕食(*^o^*)おこわはちょっと多かったので半分は冷凍庫へ。



最近「ごちそうひとり鍋」という本をみながら順番に載ってる鍋を作ってます( ̄▽ ̄)


ごちそうひとり鍋―食材使いまわし!野菜たっぷり!毎日違う味! (別冊エッセ)

ごちそうひとり鍋―食材使いまわし!野菜たっぷり!毎日違う味! (別冊エッセ)



  • 作者: 村上 祥子
  • 出版社/メーカー: 扶桑社
  • 発売日: 2006/11
  • メディア: 単行本
1週間分(平日5日分)まとめて食材が書いてあるので、無駄な食材が出ないのがよいです買ってきたものは保存方法も書いてあります。肉なら何グラムに分けて冷凍庫へ、とか。

この本には4週間分の鍋料理が載っているのでほぼ1か月分です。

野菜が食べれるのがいいね。自分で考えて買ってくるといつも同じ野菜ばかりだったり、1回作ると鍋いっぱいに作って何日も同じおかずだったりするので買ってきた野菜を使いきろうとしたらそうなっちゃうのよね




 

コンテントヘッダー

「美人の日本語」

この本はけっこう前に買ったけど、まだ全部通しては読んでいません


365日それぞれに美しい言葉が当てられているので、気が向いたときに本を開いてその日の言葉を見て説明を読みますだから、ばらばらにすこしずつ読んでいるのです。


美人の日本語

美人の日本語



  • 作者: 山下 景子
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2005/03
  • メディア: 単行本


色々なきれいな日本語が載っていて、日常生活では使わない言葉もありますが、読んでいると幸せな気持ちになります。


私の誕生日の言葉は『虹(にじ)』です。これはそんなにめずらしい言葉ではありませんけど『虹』は好き


ちなみに今日の言葉は『静寂(しじま)』です。


10月の言葉には他に


『月見豆(つきみまめ)』:枝豆のこと。お月見のときに枝ごと供えたので。


『霧の香(きりのか)』:霧が立ちのぼる様子を、お香の煙が立ちのぼっていくのに見立てて。


『玉響(たまゆら)』:美しい石や宝石が揺れるほんのわずかな時間


などがあります。キレイな言葉を知るとこころが豊かになる気がします

コンテントヘッダー

HERO

とうとう、見てきました「HERO」をキムタクかっこよかったです


久利生検事は6年ぶりだったのね。あのドラマそんなに前の放送だったのかぁ、と思いました。


公開当初から見たいとは思っていたけど観客が多かったから減るのを待ってました人が一杯の映画館って好きじゃないのよね


松たか子さんと松本幸四郎さんの親子競演や代議士役でタモリさん、韓国のエリート検事でイ・ビョンホン?など、キャストもおもしろかった


最後のシーンはやっぱり久利生と雨宮がということなのかしら?きゃ~、とうとう


少し前にテレビで「HERO」のスペシャルドラマが放送されていたけど、映画の中に出てきた事件がそのテレビドラマの内容なのかな?録画したまま見てないきっとそのドラマでは中井貴一が犯人なのね。映画では刑務所に入っていたから。


う~ん、ドラマを見てから映画を見に行けばよかったかしら?

プロフィール

せんすい

Author:せんすい
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR